えっ!?2021年の節分は2月3日じゃなく「2月2日」なぜ?

2021年の節分は2月3日ではなく「2月2日」

毎年2月3日が節分やと思っていたオヤジに衝撃!?
2021年の節分はなんと“2月2日”やって…

子供のころから2月3日は節分で、「鬼は外~福は内~」って豆をまいて、巻きずしを恵方に向いて黙ってかじりつく…
40年以上生きてきて節分は絶対に2月3日やと思ってた。

しかし2021年の節分はなぜか2月2日。

スーパーやコンビニの恵方巻の宣伝にも2月2日って書いてあるし…
なんでや!

なんと124年ぶりの2月2日の節分

そもそも節分って…

節分とはその字があらわしている通り季けるということで、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日に、1年に4回あります。
この中でも寒い冬が明け春の訪れを迎える立春が、尊ばれて節分といえば2月初旬の春の節分が定着したようです。

お気づきの方もいるかと思いますが、24節季である春分の日や秋分の日も年によって変わるように、立春や立夏などもその年によって変わるということです。

2021年のように2月2日が節分となったのはなんと124年前の1897年。
明治30年ということですの、いま生きている人々は2月2日の節分は体験していないということです。

ちなみに2021年の1月2日に118歳の誕生日を迎え、現在、世界最高齢の福岡市の田中カ子さんでさえも2月2日の節分は初体験となります。

2月4日の年もあった

実は節分が2月4日の年もありました。
それはメタボオヤジがまだ鼻をたらして遊び呆けていた37年前の1984年。

この年は2月5日が立春だったため、節分が2月4日となりました。

まったく覚えてないけど…

 

最近では全国的になった恵方巻は、もともと関西での特殊な習わしでしたよね。
社会人になって東京に出張していた際、節分でも太巻きなんて売ってなかったもんな~。

今ではスーパーにコンビニなどなど全国的にどこでも売っていますけど…