中之島の「こども本の森」のオープンが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期

2020年3月2日

中之島の新しくオープンする「こども本の森」ってどんな施設

中之島に新しくオープンする「こども本の森」とはどういう施設でしょう?
“本の森”というだけあって本を取り扱うことは分かりますが、本屋?図書館?こども専用?っていろいろ「?」が頭に浮かびますよね。

また大阪市内でも中心部となる中之島に新たにオープンするっていう事も気になりますよね。

「こども本の森 中之島」は大阪出身の建築家・安藤忠雄さんが設計し、大阪市に寄贈した“こども向けの図書館”です。
3フロアの建物内の壁がすべて本棚となり、建物の内部に入るとどこを見渡しても本が目に入るようになっています。

建物内では大きな木の根っこを模した大階段や階段裏の秘密のスペース、窓際のソファー、開放感のある吹き抜けなど、本を手に取り、好きなところで読むことができます。
また、中之島公園に持ち出して、木陰のベンチや水辺、芝生の上で寝転んでなど本を子供たちの感性で好きなように楽しむことができる施設となります。

こどもたちの興味を引くような本棚も用意されるようです。
「あの人の本棚」というスペースを設け、「こども本の森」にゆかりのある方々の本を紹介するそうです。
初回の「あの人の本棚」ではこども本の森名誉館長の山中伸弥氏の本を紹介するようです。

「こども本の森 中之島」のオープンはいつ?

中之島の新施設「こども本の森 中之島」は2020年3月1日(日)の14時にオープンします。

3月から5月までの間は混雑が予想されることから、入場方法に制約があります。
土日祝と春休み期間は事前予約制となり、平日は午前9時30分から配布される整理券が入場の際に必要です。

詳しくはこども本の森中之島 公式HPで確認してください。

このブログでも書いた通り、「こども本の森 中之島」の建物前の道路は、公園化の為、車両が通行できなくなってます。
こどもを連れて遊びに行くのにも安全で最適ですね。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により当面の間オープンを延期

2020年3月1日14時にオープンする予定だった「こども本の森 中之島」ですが、新型コロナウイルスの感性拡大の影響を受けて開館を当面の間延期することが決まりました。

事態が収束するまでの間はオープンできなさそうですね。

 

「こども本の森 中之島」施設概要

名称 こども本の森 中之島
構造 鉄筋コンクリート造 3階建
延床面積 約800平方メートル
設計 安藤忠雄
所在地 大阪市北区中之島1丁目1-28(中之島公園内)
開館日 当面の間延期
※開館当初は混雑が予想されます、開館時間や来場方法につい​ては、公式HPをご確認ください。
開館時間 9:30~17:00
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日は休館)
他・年末年始、蔵書整理期間など
ターゲット メインは乳幼児から中学生
入場料 無料

 

話題

Posted by hiroro@