ウインターブルー(冬季うつ)の改善方法は?

2019年12月20日

ウインターブルー(冬季うつ)ってどんなん?

今朝の情報番組“スッキリ”(日本テレビ:毎週月曜~金曜8時00分-10時25分放送)でも取り上げられていましたが、「ウインターブルー」って知っていますか?

「ウインターブル―」は“冬季うつ”ともいわれ、病名的には『季節性感情障害』となるようで、いわゆる『鬱病(うつ病)』の一種です。
症状的には、良く寝たはずなのに朝起きられない、お腹が空いて食欲が増加するなどが報告されています。

一般的な「うつ病」では眠れない、食欲が減少するが症状として出るようですが、真逆ですね。

この「ウインターブルー」は一般的に日照時間が短くなる、10月ごろから3月にかけて発症する人が増え、特に女性の発症率が高く、男性の3倍にも上るようです。
しかし「季節性感情障害」という病名の通り、季節の移り変わりとともに症状が治まる傾向にあるようです。

現在日本人でも100人に2人ほどがこの「ウィンターブルー」に悩んでいるようで、倦怠感や過食、過眠などの症状があり、深刻化すると毎年のように慢性的に発症したり、自殺の原因に至る危険性もあるようです。

冬場って冬休みやクリスマス、お正月、成人式、バレンタインデーなど、とってもワクワクするようなイベントごとが多いのに、「ウインターブルー」でザンネンな気分になるのはもったいないですよね。

「ウインターブルー」 かも?の5つのチェックリスト

〇良く寝たはずなのに眠い・起きられない
〇体がだるい・疲れがとれない
〇炭水化物を摂取したくなる
〇家事や仕事に身が入らないまたはやる気が出ない
〇体重が増加した

この中で3つ以上当てはまると「ウインターブルー」の可能性があります。

また、これらの症状が長く続いたり、日常生活に影響がある場合は医療機関を受診することをお勧めします。

 

ウインターブルーの原因と改善方法

ウインターブルーの原因として考えられているのは、冬は日照時間が短くなり、幸せホルモンと呼ばれている“セロトニン”が減少し、やる気や気力が起こりにくくなるということです。

通常は、太陽を浴びることによって人間の脳内で“セロトニン”が分泌されされるのですが、日照時間が短い冬場は“セロトニン”が分泌されにくく、睡眠や気力に影響を及ぼしています。

ですので「ウインターブルー」の改善方法は、
■午前中に30分~1時間の日光浴をする。
朝起きたらカーテンを開けて、積極的に太陽光を浴びましょう!

■有酸素運動
出来たら太陽光を浴びることも目的に、少しウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れましょう!

となります。

 

折角の楽しいイベントが沢山ある、冬場を過ごすためにも、「ウィンターブルー」を払しょくしましょう。

 

 

 

 

 

 

話題

Posted by hiroro@