「ドラえもん 0巻」がえらいことになってる模様。発売初日から重版4刷でも完売の店舗も


引用元:Amazon

23年ぶり新刊の『ドラえもん0巻』発売日にすでに重版4刷

23年ぶりの新刊が首都圏の一部の店舗で11月27日に発売された、誰もが知る日本を代表する人気漫画「ドラえもん 0巻」。

「ドラえもん 0巻」は「ドラえもん」(作者:藤子・F・不二雄)が今年連載50周年を迎えるにあたり、1969年当時6つの雑誌で第一話が一斉に連載スタートした作品を記念して企画されたものです。

今では考えられないかもしれませんが、小学館が発行する『よいこ』・『幼稚園』・『小学一年生』・『小学二年生』・『小学三年生』・『小学四年生』の6つの雑誌で1970年の1月号に同時に第1話が掲載されました。

しかもすべての雑誌の対象年齢に合わせる様に、描き分けられているというとんでもない芸当。
多分作者の藤子・F・不二雄はめちゃくちゃ大変だったでしょうね。

今回の「ドラえもん 0巻」はその各雑誌の第1話をカラー個所などを含めて、掲載時の状態を完全に収録。
6雑誌の第1話を全部読むことができるということです。

実は「ドラえもん」は1996年に第45巻以来23年ぶりの新刊となります。
今回は第46巻ではなく“0巻”ですけどね。

ちなみに、てんとう虫コミックスから発刊された第1巻に収録された第1話は、『小学四年生』のものをベースにしたものです。

発売後売り切れが続出

国民的人気の漫画「ドラえもん」の最新刊、『ドラえもん 0巻』は本体価格700円で全国への発売は12月1日からです。

首都圏の一部店舗で11月27日に発売後、問い合わせや、予約、取り置き依頼などが相次ぎ、発売前に2度、発売当日にさらに2度の重版で合計4刷となり、累計発行部数は25万部となりました。

Amazon楽天でもすでに売り切れが発生しており、アラフォーメタボオヤジが良く利用する書店でも売り切れでした。

書店には重版したものがおおむね12月9日以降に到着すると、発売元の小学館は発表しています。

「ドラえもん」はコミックス第1巻が1974年の8月から刊行がスタートし、来月にはなんと247刷になります。
発売以来、45年間毎年重版をしているようで、小学館の作品の中で刷数、発行部数共に1番のようです。

 

話題

Posted by hiroro@