Twitterが6か月以上ログインしていない休眠アカウントを12月11日で大規模削除へ

Twitterが初の大規模な休眠アカウントの削除

アラフォーメタボオヤジも利用しているTwitter。
そのTwitterのアカウント所持者に警告メールが届いています。

と言ってもいつも利用している人には関係ない話。

「6カ月以上ログイしていない休眠アカウントに対し、12月11日までにログインしない場合はアカウントを削除する」ということです。

Twitterの使用ルールにはそもそも【運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー】というものがあり、「少なくとも6か月ごとにログインして、ツイートするようにしてください。アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります。 」と決められています。

しかしながら過去には非アクティブなアカウントを凍結などで対応していた例はありますが、大規模に削除までするのは今回が初めてのようです。

維持したいアカウントは12月11日までにログインを

ということで、とりあえず維持したい、保持し続けたいアカウントに関しては早急にログインする必要があります。
とりあえず作っては見たものの、使用していないアカウントに関しては、削除する手間が省けてラッキーですので、そのままスルーでいいんじゃないでしょうか。

しかしながら、昔の映画やドラマ、アニメなどの個別アカウントなどはファンにとっては残してほしいものですよね。
製作会社の方々や、社員さんたちに何とか維持していただけるようログインして欲しいものです。

あとは故人のアカウント。
これも思い出として残している方も少なからずいるはず。
パスワードなどがわからなくなっている場合は一度Twitterのお問い合わせに連絡してみてはいかがでしょうか?

 

アカウントの維持を希望の方は12月11日までにログインしてください。

アカウントの大規模削除で喜ぶべきことも

実は、この大規模アカウント削除で喜ぶべきこともあるんです。
現在Twitterの新規アカウントを作成する際にめっちゃ大変なのがユーザー名を決める際。

使いたいユーザー名が使用済みで利用できないってことが多々あります。
今回の大規模削除後は空きのユーザー名も出ることでしょうから、新規アカウント作成希望の方には朗報ですね。

 

話題

Posted by hiroro@