「座席たおしていいですか?」って聞かなくてもよくなる近鉄特急の「ひのとり」がめちゃイケてる


引用元:近畿日本鉄道

近畿日本鉄道の新型名阪特急「ひのとり」の座席がすごい!

近鉄電車の新しい特急「ひのとり」が遂にお目見え。
来年3月14日から運行を始める「ひのとり」は大阪と名古屋を結ぶ名阪特急の新型車両です。

外観はまさに火の鳥をイメージさせる真っ赤流線型のデザイン。
座席は全シートが大きくリクライニングし、「新幹線より安くて快適」を売りにする。

現在大阪=名古屋間の特急は1988年に導入された「アーバンライナー」が運行されており、東京五輪や大阪関西万博を迎えるにあたり、順次「ひのとり」に移行されていくことになります。

また、1両目と6両目の車両は『プレミアム』と設定され、国内最大級のゆとりとなるシートの前後間隔が130センチ。
2から5両目は『レギュラー』はシートの前後間隔は116センチ。

大阪難波-近鉄名古屋を約2時間で結び、料金は『プレミアム』が5240円、『レギュラー』が4540円。

「すいません座席たおしていいですか?」って聞かなくて良くなります。

新しい近鉄名阪特急「ひのとり」の座席は上記の通り、座席の前後間隔が広く、背もたれを倒しても座席が前方にスライドして後ろの乗客に影響しない「バックシェル」を全席で採用しています。

実は「バックシェル」方式は北陸新幹線の『グランクラス』でも採用されていますが、全席での採用は「ひのとり」が初となります。

ですので、新型特急「ひのとり」では、「すいません座席たおしていいですか?」って聞かなくてもいいんです。

これは、新型車両の設計開発にあたり、特急の利用客ら約2万人にアンケートしたところ、「後ろの人に気を使って座席を倒せない」「気兼ねなくリクライニングしたい」といった声が多かったので、「すいません座席たおしていいですか?」と聞かなくてもよい車両の開発を目指していたようです。

話題

Posted by hiroro@