女優の沢尻エリカが薬物所持で逮捕 薬物で逮捕の芸能人2019年は多くない?

女優の沢尻エリカが合成麻薬所持で逮捕

11月17日午後に衝撃のニュースがありました。

女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとことで、警視庁組織対策5課に麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕されたとのことです。

沢尻エリカと言えば、舞台あいさつで「別に」などつっけんどんなやり取りをしたことを発端にいわくつき女優として話題になり、クリエイターの高城剛氏と結婚や離婚を経て、最近では実力派女優としても活躍し、来年のNHK大河ドラマにも出演することが決まったいました。

2012年には映画「へルタースケルター」ではなんと今回の事件を彷彿とさせる、違法薬物に溺れる女性の役をフルヌードで演じて話題になっていました。

沢尻エリカは警視庁にマークされていたようで、先日トレーダの「KAZMAX」こと吉沢和真容疑者(30)が逮捕された都内のクラブを出たところを緊急逮捕された模様です。

今回の逮捕劇には一部情報でタレコミがあったとのことですが、沢尻エリカにはかねてから薬物使用の噂があり、ウソから出たマコトではないがトップ女優が薬物で逮捕されるという事態になりました。

2019年は特に多い有名人の薬物による逮捕

2019年は奇しくも薬物がらみの有名人の逮捕が非常に多い。

これは来年の東京オリンピックを控え、警視庁と厚生労働省麻薬取締部(マトリ)が本格的に薬物の根絶を目指し精力的に活動しているという噂もあります。

ちなみに2019年に薬物がらみで逮捕された有名人は
・ピエール瀧(電気グルーヴ・俳優) 麻薬取締法違反
・沢田憲一(NHK歌のお兄さん) 大麻取締法違反→覚覚せい剤取締法違反
・國母和宏(スノボ日本代表) 大麻取締法違反
・田代まさし(元タレント) 覚せい剤取締法違反
・李惇源(ヘアメイクJunJun) 麻薬取締法違反
・Lin(NOCTURNAL BLOODLUSTギター) 大麻取締法違反
・マック・ファーデン・ジェシー・ソラト(ギタリストCharの息子) 大麻取締法違反
・金子賢輔(Dragon AshのKenKen) 大麻取締法違反
・イエーツ・スティーブン(トヨタ自動車ラグビー) 麻薬取締法違反と大麻取締法違反
・岡崎聡子(元オリンピック体操) 覚せい剤取締法違反
・田口淳之介(元KAT-TUN) 大麻取締法違反
・小嶺麗奈(女優) 大麻取締法違反
・パク・ユチョン(JYJ) 麻薬取締法違反
・戸川尚作(歌手NERO) 大麻取締法違反
・ダンシー・シャノン美沙(モデル:長嶺シャノン) 麻薬取締法違反

めっちゃ多いですよね、割合的には月一以上のペースで有名人が薬物がらみで逮捕されているのが現状です。

特にテレビで良く観る有名人となると、番組やCMの降板や差し替えなどによる違約金が膨大になります。
3月に逮捕された俳優のピエール瀧容疑者の違約金は一部では30億円に上るともうわさされています。

2020年の東京オリンピックまであと8か月ほど、警視庁とマトリの餌食になると噂されている有名人はまだまだいる様です。