ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?解禁日前に売ったり飲んだりしたらどうなる?

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

11月に気になるのはボジョレーヌーボーの解禁日。
1985年以降は11月の第3木曜日午前0時と決められています。

ですので2019年は11月21日(木)午前0時となります。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日が変更になった理由

フランスでは、元々ボジョレーヌーボーの解禁日は11月11日と決められていました。
11月11日はカトリックの祝日のひとつで、「聖マルティヌスの日」という“聖人の日”で縁起が良かったのです。

しかしこの11月11日が「休戦の日」に変更されてしまい、祝日となってしまいましたので、11月15日が「聖タルベールの日」だったので、こちらをを解禁日に設定しました。
ここで問題になったのが、11月15日が土日祝日だった場合、店が閉まってるし売られへんやん!ってことになり、1985年からは11月の第3木曜日に解禁しようとフランス政府が決めたようです。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日の前に販売したり飲んだりしたらどうなる?

ボジョレーヌーボーが生産されているフランスには「ワイン法」という法律があるようです。

このワイン法のもとに解禁日が定められており、解禁日の前に販売してしまうと、法を犯す=処罰を受けることになってしまいます。

これは、生産するボジョレーヌーボーの品質を落としてでも、早く販売してやろうという、ボジョレーヌーボー全体の質を悪くすることを抑制することを目的にしてます。
フランスが政府が、美味しく質の高いボジョレーヌーボーをたくさんの人に飲んでもらいたいとう心がけですね。

では日本国内でもし、解禁日前に販売したり飲んだりしたらどうなるかですが、上記の「ワイン法」はフランス国内の法律ですので日本国内では処罰されることはありません。
しかしながらボジョレーヌーボーを生産、販売しているのはフランスの業者ですので、日本の販売業者にも解禁日前に販売しないように契約をしていると思われます。

実は日本は時差の関係で、本場フランスはもとより諸外国より、少しだけ早く飲むことができるんです。

さてボジョレーヌーボーの解禁日はもうすぐ、国内でも毎年パーティーやイベントで盛り上がりますので楽しみですね。
 

話題

Posted by hiroro@