「体育の日」は今年が最後だったって知ってた?2019年で「体育の日」が無くなりました。

激動の10月の3連休。「体育の日」が今年で最後だったことを知らなかった。

10月の3連休はまさに激動で、過去の歴史の中でもこれほど内容の濃い3連休はなかなかないのではないでしょうか?

3連休の初日、10月12日から13日未明にかけ、東日本を中心に台風19号が通過し、甚大な被害を与えました。
台風15号が関東地区を襲い、復旧ままならないたった一月後の再度の台風上陸に、各地でひどい被害が発生し、数日たった本日でもいまだ被害の全貌が見えない状況です。

多数の方が亡くなっており、まだまだ被害は拡大するかもしれません。
被害を受けて方々には心よりお見舞いを申し上げます。

連休中日には、開催が危ぶまれていたラグビーワールドカップ2019の日本代表としては初のベスト8進出をかけた、日本対スコットランド戦が行われ、見事日本代表がスコットランドを28ー21で破り、アジア勢としては初の8強へ日本中が驚き、歓喜し、瞬間最高視聴率は何と驚異の53.7%だったとのこと。

3連休の最終日は10月14日、「体育の日」。
ラグビーの陰に隠れていますが、男子バレーボールw-ルドカップの日本代表が42年ぶりのメダル獲得を目指し、世界ランク1位のブラジルと対戦、惜しくも勝利とはならずメダル獲得を逃しました。

スポーツを中心にクローズアップした3連休ですが、実はこの「体育の日」が2019年をもって最後、無くなるとのことなんです。

2019年を最後に無くなる「体育の日」はどうなる?

実は2020年から「体育の日」は名称を「スポーツの日」と改められます。
祝日や連休が大好きな方はお気づきでしょうが、実は日本の祝日でカタカナが使われるのは初めてなんです。

祝日法はスポーツの日の意義を「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」と説明しています。

2020年の「スポーツの日」は7月24日。
あれ?10月じゃないんや?
と思われる方も多いでしょうが、2020年のみ7月24日(金)となります。

これは2020年の7月24日が東京オリンピックの開会式にあたり、祝日を移動させる法律により「スポーツの日」が移動させられます。
また、本来7月第3月曜日の祝日「海の日」は開会式前日の7月23日(木)、8月11日の「山の日」も東京オリンピックの閉架式翌日の8月10日(月)にそれぞれ移動します。

東京オリンピックの運営をスムーズに行うため、祝日を移動して連休をつくりだし、都内の交通量を減らすことが目的のようです。

「スポーツの日」は、2021年以降は今まで「体育の日」とされていた10月の第2月曜日に戻されます。

話題

Posted by hiroro@