奈良県が中途半端なバスターミナルを整備したせいで春日大社のバス駐車場が利用できなくなり観光バスが街中にあふれる可能性も

世界遺産の春日大社が10月11月の観光シーズンにバスの駐車場の利用をお断り

世界遺産にも登録されている春日大社(奈良市)が秋の観光シーズンを前に、利用が大幅に増加している観光バスの駐車場の受け入れを土日と祝日は中止すると発表しました。
春日大社がこう決めた理由としては、春ごろから観光バスの利用が急増して、6月には昨年の1.5倍もの観光バスが駐車場を利用、駐車場に入りきらないバスが長蛇の列をつくり、周辺が大渋滞を巻き起こしているとのことです。

奈良県が4月に45億円をかけて県庁の隣にバスターミナルを整備しオープンさせました。
それに伴い、観光バスを多数受け入れていた県営の奈良公園大仏前駐車場を廃止し、新しく整備した「奈良公園バスターミナル」でバスの乗降をするようにしたためであることが大きな要因であると思われます。

周辺渋滞を緩和するために45億円もかけて整備した「奈良公園バスターミナル」の影響でさらに周辺道路の渋滞どころか、渋滞の範囲を拡大しそうななんともトホホな結果となりそうです。

 

「奈良公園バスターミナル」は使い勝手がメチャクチャ悪い

奈良県が周辺道路の渋滞緩和のために県庁の隣に整備した「奈良公園バスターミナル」ですがメチャクチャ使い勝手が悪いとの声がバスの運転手や旅行会社などから上がっているようです。

「登大路バスターミナル」は立派な施設ですが観光バスなどが駐車することはできません。
どういうことかというと「奈良公園バスターミナル」は観光バスに乗り降りするための停車場所となっています。
バスは乗客を降ろした後、6キロほど離れた大和郡山市内の上三橋駐車場駐車場や1.5キロほどの高畑駐車場に移動しなければいけないようです。

そのうえ利用するにはWebでの10分単位の予約が必要で、支払いは振込のみとなっています。

詳しくは奈良公園団体バス駐車場予約システムで確認ください。

ちなみに現状は予約状況はほとんど空車となっています(笑)。

一方、春日大社の駐車場はバスが3,000円の料金になっていますが、別段時間などの設定がない為、観光バスが一挙に集中したことになります。
これまで奈良公園大仏前駐車場などを利用していた、春日大社に参拝しない観光客の観光バスも多数駐車することによって近隣道路が渋滞するという県の思惑とは違う方向に進んでいます。

春日大社も秋の観光シーズンを迎え、七五三参拝など“春日大社に参拝に来る方を”優先ぜざるを得ない状況になり、バスお断りの英断に至ったのでしょうな。