いよいよ開幕!大阪では東大阪市花園ラグビー場で開催!2019ラグビーワールドカップの気になる日程

9月20日開幕2019年ラグビーW杯 関西では東大阪市花園ラグビー場と神戸市御崎公園球技場で開催

いよいよ9月20日開幕ラグビーワールドカップ2019。
19時45分キックオフの日本対ロシア戦が東京スタジアムで開幕戦から11月2日(土)に横浜国際総合競技場での決勝戦までの日程で行われます。

関西圏でも白熱した試合を観に行くことができます。
2019ラグビーW杯の開催スタジアムになっている東大阪市花園ラグビー場と神戸市御崎公園球技場です。

東大阪市花園ラグビー場開催日程

9月22日(日) 14時15分 プールB イタリア対ナミビア
9月28日(土) 13時45分 プールC アルゼンチン対トンガ
10月3日(木) 14時15分 プールD ジョージア対フィジー
10月13日(日) 14時45分 プールC アメリカ対トンガ

神戸市御崎公園球技場開催日程

9月26日(木) 19時45分 プールC イングランド対アメリカ
9月30日(月) 19時15分 プールA スコットランド対サモア
10月3日(木) 19時15分 プールA アイルランド対ロシア
10月8日(火) 19時15分 プールB 南アフリカ対カナダ

東大阪市花園ラグビー場での注目は前回大会ベスト4のアルゼンチン、リオオリンピックの7人制ラグビーで金メダルのフィジー。
神戸御崎公園球技場では前回3位の南アフリカが注目されています。

観戦チケットを購入希望の方は公式チケットサイトへ進んでください。

東大阪市花園ラグビー場はめちゃめちゃお金かけて改装したで~。

ラグビーワールドカップ2019開催にあたり国内では「ラグビーの聖地」とされている東大阪市花園ラグビー場は72億6000万円をかけて大改修を行いました。

ワールドカップ開催基準に合わせ、座席をベンチシートからすべてセパレート式の座りやすい座席に変更。

昭和の時代にはゴルフの打ちっ放しとして利用されていたこともあり、北側に残っていた練習場を撤去し、スタンドに改修、その上部にパナソニック製の710インチの大型電光掲示板を設置、26,544人を収容するスタンドとなりました。

また、外観も選手のスクラムをイメージしたスタイリッシュなものになり、毎年会場となっている「全国高校ラグビー大会」にも使用されます。

話題

Posted by hiroro@