何でそんなややこしいことするんや?古の都で大学名変更でバッチバチの争いが勃発

2019年10月8日

京都造形芸術大学が「京都芸術大学」に名称を変更で京都市立芸術大学が提訴

古の都京都で大学の名称を巡るバッチバチの争いが勃発しています。

来年4月に「京都芸術大学」に校名を変更する、京都造形芸術大学(京都市左京区)に対し、通称として「京都芸大・京都芸術大学」とされている京都市立芸術大学(京都市西京区)が、京都造形芸術大学を運営する、学校法人瓜生山学園に対して名称の使用差し止めの訴訟を起こしています。

両校のバトルは7月9日に京都造形芸術大学が、市に変更を報告した頃からバッチバチのバトルが繰り広げられており、書面などでやり取りも結局平行線のまま訴訟に発展しています。

京都造形芸術大学は7月17日には「京都芸術大学」を商標登録出願。
京都市立芸術大学も略称の「京都芸大」や「京芸」などを7月11日に出願したが、「京都芸術大学」は京都造形芸術大学に遅れる7月18日になっていました。
個人的にはなんか「先に商標登録したろ!」っていう中国のやり口みたいで気分が悪いですね。
市側もややこしいから止めてって言えなかったんだろうか?
変更したいっていう方が私立で、略称として使用している方が市立なのに...。

どちらにせよまもなく受験も始まる事ですし、地方の受験生やこれから両大学を目指す方々にとってはメッチャややこしいことこの上ないと思うんだが。

共に歴史がある両校、京都市立芸術大学は1880年に日本初の公立の絵画専門学校として開設、一方、京都造形芸術大学は1934年に創立した洋裁学校の「藤川洋裁研究所」を前身としており共に卒業生には有名人もいます。

京都市長もこのようにコメントしていることですし
もうすこし卒業生や学生、これから受験する学生たちのことを思ってよくよく検討した方がよさげですな。

未分類

Posted by hiroro@