阪急電車も阪神電車も「梅田駅」が無くなるで~ 通勤や通学の迷子者続出か?

10月1日から「梅田駅」は無くなります。

10月1日から増えるものは消費税ですが、無くなるものもあります。
関西で最も困りそうなのが、阪急電鉄と阪神電鉄の「梅田駅」です。

大阪の中心部の巨大な駅なんですが、阪急と阪神合わせて1日に70万近くの人が乗り降りするターミナル駅が、この度無くなることになりました。

と言っても、駅名の変更です。

阪急、阪神共に駅名を「梅田」から「大阪梅田」に10月1日より変更します。
駅名だけ変更ですので、駅はそのままですのでご安心を。

隣接するJRの大阪駅と名称が違うために、地方から来た方やまだまだ増加傾向にある来日観光客にわかりやすくするためだとのことです。
実際「梅田ダンジョン」と呼ばれるくらい大阪駅、梅田駅周辺は慣れていないとわかりずらいものです。

駅名変更は以前から検討されていた?

阪急電鉄の梅田駅は1910年に開業して以来、場所や駅の構造が変更することもありましたが、ずーっと周辺の地名である「梅田」を使用していました。

グループ会社である阪神電鉄とも協議をして、2013年ごろから駅名の変更は検討されていたようです。
ここにきて駅名を変更することになったのはやはり、急増する来日観光客への不案内が大きな理由のようです。

実は車内や駅構内のアナウンスや放送ではかなり前から「大阪梅田駅」が使用されていたようです。

阪急電鉄の今回の駅名変更は梅田だけでなく、「河原町」⇒「京都河原町」、「石橋」⇒「石橋阪大前」となります。
阪神電鉄の「鳴尾」⇒「鳴尾・武庫川女子大前」へと変更されます。

大阪メトロは変更せずに「梅田」を使用するようですね。