ヤバいで!一発免停も 12月1日から「ながら運転」の違反点数と反則金が3倍にアップ

2019年11月29日

「ながら運転」が厳罰化 違反点数と反則金が3倍で一発免停もあり

スマホなどを使用しながら車を走行させるいわゆる「ながら運転」について、違反点数と反則金が約3倍に引き上げられます。
また、懲役刑もより重くなる改正道路交通法の施行令を政府が閣議決定しました。

スマホなどを手に持ったり、使用しながら運転する「ながら運転」がいよいよ厳罰化されます。
施行は12月1日からとなります。

運転しながら携帯電話やスマホを操作や、手に持っているなどの保持がこれまでの約3倍に引き上げられ、大型車2万5000円、普通車1万8000円、二輪車1万5000円、原付車1万2000円となります。

違反点数は保持が1点から3点に、交通の危険は2点から6点とそれぞれ3倍とされました。
交通の危険の場合、6点ですので一発免停となります。

また5月に成立した改正道交法で保持が6月以下の懲役または10万円以下の罰金、交通の危険は1年以下の懲役または30万円以下の罰金の罰則を設けています。

 

交通の危険とは?

一発免停になる交通の危険ですが、「携帯電話等を通話やメールの送受信のために使用したり、動画や画像などを見るために手で保持して画面を注視したりすることによって、信号無視や交通事故など、交通の危険を生じさせてはならない」と道路交通法第71条5項の5で定められており、これを守らなかった場合に適用されます。

ちなみに携帯電話などとなっていますが、これは、携帯電話、PHS、カーナビ、カーテレビ、携帯型ゲーム等のディスプレイ表示画面を持つ機器等を指すことになっています。

たまにマンガや本読みながら運転してるのもいるので一緒に取り締まってほしいものです。

 

携帯やスマホを使用しながらの「ながら運転」での事故が急増

警察庁によると、運転中に携帯電話などを使用が原因の事故は去年1年間に2790件発生しています。5年前の2013年と比べ約1.4倍に急増しており、死亡事故も42件起こっています。

ちなみに令和初となる秋の全国交通安全運動が9月21日~30日まで実施されます。
「あおり運転」同様、危険な行為になりますので全国の警察が取り締まりを強化していくことでしょう。