びっくりマンチョコとプロ野球チップスの税率が変わるってマジか!?

10月からの消費増税で軽減税率がヤバすぎるほどわかりにくい

いよいよ10月から消費税が8%から10%へ増税されます。

今回は食料品やアルコールを除く飲料は軽減税率が適用され、8%への据え置き処置が施されます。
しかしこれがメチャクチャややこしい…。

よくマスコミが報道しているように、外食と持ち帰りでの税率が変わるというもの。
店内での飲食は10%、持ち帰りは8%ということですね。

遊園地や公園の売店でアイスを買って、歩きながら食べるのは8%、店が用意した椅子やベンチに座って食べたら10%。
どうやって管理するんやろ?
いちいち「そこで食べますか?歩きながら食べますか?」って聞いて、レジをピコピコするん?

はたまた、いつも行っている蕎麦屋での飲食は10%だが、今日は雨が降ってるから出前を頼もう!ってなった場合は8%となるようですね。
出前が増えて、人手が足りず困るお店も増えそうな予感がします…。

牛丼チェーンでも対応が様々で、すき家は店内で食べる牛丼(並)の本体価格を値下げし、持ち帰りと同様の税込み価格350円で提供することを発表。
松屋も同様の方法で対応するとのことで、牛めし(並盛)は、店内、持ち帰り共に320円での提供になるとのことです。
しかしながら吉野家は店内と持ち帰りの消費税を別に設定することを発表しているので、店内価格と持ち帰り価格がバラバラになりますね。

 

びっくりマンチョコとプロ野球チップスの税率が違うってマジか!

まだまだややこしいことがあるようですね。

びっくりマンチョコやプロ野球チップスっておまけがついていますよね。
シールやカード、アラフォーオヤジなら子供の頃必死に集めていたアレです。

これ実はびっくりマンチョコが8%でプロ野球チップスが10%。
何でやねん!って感じですね。

このおまけつきお菓子でもモノによって税率が変わるというもうどうにもトホホな話です。

何でこんなにややこしくなっているかというと、「税逃れを防ぐため」と財務省がルール作りを行っています。
税抜きの価格が1万円以下の商品の場合、商品の値段のうち食品の値段が占める割合が3分の2以上の場合は軽減税率が適用されるということになってますので、びっくりマンチョコはおまけがシールなのでチョコの方が値段が高く、価格の3分の2以上を占めていると言ことですね。

逆にプロ野球チップスはしっかりしたカードがおまけについており、お菓子の価格が3分の2に満たないので軽減税率の対象外になるので10%。

子供たちにとっては訳が分からん状況になるでしょうし、駄菓子屋や商店のおばちゃん達も対応できるのか心配になりますよね。

未分類

Posted by hiroro@