実は大阪より関東の人の方がせっかち?早歩きする人が多い都道府県

早歩きするのは関西人ではなく関東の人の方が多い?

ドコモ・ヘルスケアが8月、都道府県別の早歩き率(3~7月)をまとめたところ、以外にも、大阪より関東の人の方がせっかちだということが判明。

東京、神奈川、千葉がトップ3で、続いて大阪という結果に。
歩数が多いのも同じ順位となっています。

ちなみにゆっくり歩く派は青森、岡山、島根の順で、やはり大都市圏の方がせかせか歩く傾向にあるようです。

全国的にせっかちなイメージの大阪より東京や神奈川の人の方が歩くことに関しては、せっかちだということですね。

ドコモ・ヘルスケアでは約20,000人の手首に活動量計を装着し、標準の分速67メートルより約4割以上早い歩行を「早歩き」として調査したとのことです。

 

歩くのが早い人はやっぱりせっかち?

歩くのが早い人の多くはやはりせっかちな性格の人が多いようです。
とにかく時間を有効に使いたい、あれもこれも同時にやりたいなど、とにかくムダな時間を勿体ないと考える方が多いようで、目まぐるしい都会の生活では必要な部分であるといえるかもしれません。

また健康面でみても歩くのが早い人の方が、筋力や関節の使い方も歩くのが遅い人より多くなる傾向にありますので、健康的であるとも言えるでしょう。

しかしながらあんまり早く歩くと、心臓への負担が考えられるのであんまり急ぎ過ぎず、適度に休憩をいれながらでいいんじゃないでしょうか?