年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を七草粥で癒してあげよう

今日は1月7日ですね。
五節句のはじめの一つ「人日(じんじつ)」で、七草粥を食べて節句のお祝いを行うという風習があります。
現代社会では、暴飲暴食で疲れてしまった胃腸を七草粥で癒してあげようと、古くからの風習に基づいています。

 

七草粥の「七草」って?

では七草粥の「七草」ですが一般的には
・セリ
・ナズナ
・ハコベラ
・ホトケノグサ
・ゴギョウ
・スズナ
・スズシロ
となります。

スーパーなどでも「七草粥セット」が販売されているので一度見てみてください。
また一部地域では上記以外のものもありますので、地域性があるのかもしれません。

 

なぜ「七草」?

旧暦の1月7日は今の暦だと2月上旬ごろとなり、春の足音が聞こえるなか、「若菜摘み」の風習と重なり、七草粥が食べられるようになったとも言われています。
真冬にはなかなか採れなかった青菜系の野菜を摂取することで栄養価を補っていたとも考えられています。
この「七草」にもそれぞれビタミンやβカロチン、ミネラル類を豊富に含んでいるので栄養学的にも良いとされており、さらにこれらは冬に強い植物ですので、春先とはいえまだまだ寒い時期でも入手しやすいのです。

 

七草粥で疲れた胃腸をいたわる

元々は節句に無病息災を願うお祝いとして1月7日の朝に食べられていた七草粥ですが、現代では年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を整えるという意味で食べる人も多いのではないでしょうか?
実際、「七草」の中には整腸作用や消火促進などの効果が期待できるものがあります。

家で作るのが面倒だという方は、飲食店でもこの期間「七草」にまつわるメニューを提供しているところもありますので、古くから伝わる風習で年末年始で疲れた胃腸を癒してあげるのもよいのでは?